About me


熊谷 駿

SHUN KUMAGAI

MULTI WOODWINDs PLAYER, COMPOSER, ARRANGER

※お時間ある方は、ページ下『詳細プロフィール』をご覧ください。

宮城県仙台市出身。

アメリカ・バークリー音楽大学 卒業。(音楽学士)

アメリカ・ニューイングランド音楽院大学院 修了見込(2019年5月)(音楽修士)

 

2014年2月ジャズ・ポピュラー音楽の名門バークリー音楽大学入学オーディションに合格。同大学より奨学金とサントリー音楽奨学金の両奨学金を獲得し同年9月よりバークリー音楽大学 Performance科 サックス専攻へ入学。

サックスをアートブレイキー&ジャズメッセンジャーズで活躍したBill Pierce氏、同大学教授のJim Odgren氏、Jeff Harrington氏に師事。

 

同大学では、自身の研究テーマとして1940年代のジャズ「Bebop」における研究を深めるとともに日米では、キャロライン・ケネディー元アメリカ駐日大使出席されたイベントでのゲスト演奏やボストンレッドソックスオーナーJohn Henry氏の私邸へ招かれてのゲスト演奏等、日米関連のレセプション、パーティー等数多くのベントでの招待演奏に尽力する。(ページ下『演奏実績』参照。)

その成果より、在学中よりフルスカラーシップステューデント(全学費免除学生)に選抜され、2016年12月に同大学Performance科を大変優秀な成績で卒業し音楽学士を取得。

 

2017年2月、世界最難関のアメリカ国内最古の音楽大学(アメリカ音楽大学唯一の国定歴史建造物指定大学)、ニューイングランド音楽院大学院修士課程のオーディションにて世界から数百名を超える志願者の中、Jazz Performance科サックス専攻合格者3名の中に入り同大学より奨学金を獲得し同年9月より入学。

現在はジャズの巨匠であるJerry Bergonzi氏、Bill Pierce氏、クラシックの巨匠であるKenneth Radnofsky氏に師事している。

 

現在は日米をまたにかける音楽家として活躍すると共に、行政・TV局・ラジオ・新聞社が後援となって開催する自身のコンサート『BEBOP EXPRESS』『BOP CASTLE』を毎年開催し、昨年は総動員400名を動員するなど前売完売で毎回公演をしており年々規模を大きくし開催をしている。

 

また演奏のみに留まらず、2017年1月にサックス専門音楽事務所「Music Office Bop Wind」を起業。

『Bop Windブランド』を確立し、振動伝達と材質混合特性を用いたサックスリガチャー等のオリジナル製品開発や、これまで世界の最高峰で学んできた高度なジャズ理論・テクニックを基に独自カリキュラムを作成しレッスンを提供する等、サックスにおける4つの事業も展開している。

特に最近では、サックスのリガチャーにおける特許2件を取得。(現在新たに1件申請中。) アメリカで鍛え抜かれた故に生まれたアイディアを基に、更なる新製品の開発にも力を注いでいる。

 

★メディア出演:KHB東日本放送:スーパーJチャンネルみやぎ TV内 ~特集 異色の経歴!  若きサックス奏者の挑戦~、河北新報:特集記事〜感情伝える 熱い音を〜、〜豊かな音量生む器具開発 特許も取得〜、サントリーホールディングス株式会社東北サンさんプロジェクトプレスリリース内多数出演等。(ページ下『メディア出演』参照。)

詳細プロフィール

宮城県 仙台市出身。

アメリカ・バークリー音楽大学 Woodwind学部 Performance科 サックス専攻 卒業。(音楽学士)

アメリカ・ニューイングランド音楽院大学院 Jazz Studies学部 Jazz Performance科 サックス専攻 修了見込

(2019年5月)(音楽修士)

 

10歳よりサックスを始め、15歳で高校受験で悩んでいる時、偶然テレビで見たサックスの演奏に感銘を受け、サックス奏者を志すようになる。これまでに地元宮城県内では、サックスを一戸祐三郎氏、佐藤修氏に師事。クラリネットをDawid Jerzynski氏(仙台フィルハーモニー管弦楽団首席奏者)、フルートを芦澤 曉男氏(同オーケストラ副首席奏者)より学ぶ。 

 

2012年ジャズ・ポピュラー音楽の名門『バークリー音楽大学(Berklee College of Music)』の姉妹校であるKoyo Conservatory of Musicに入学。サックスを古谷光広氏、サックスとフルートをRandall Conners氏に師事。在学中より特別奨学生に選抜され、コンテストでの受賞やファイナルラウンド進出、ジャズバーやジャズフェスティバル、フェリー等で精力的に活動を行う。

 

2014年2月バークリー音楽大学入学オーディションに合格し、『バークリーワールドスカラーシップ(Berklee World Schalrship)』、サントリーホールディングス株式会社、TOMODACHIイニシアチブによる『サントリー音楽奨学金』の両奨学金を獲得し同年9月より『バークリー音楽大学(Berklee College of Music) Woodwind 学部 Performance科 サックス専攻』 3年次へ編入。

サックスをアート・ブレイキー & ジャズメッセンジャーズでも活躍したBill Pierce氏Jim Odgren氏(同大学教授)、Jeff Harrington氏(同大学教授)に師事。フルートをWendy Rolfe氏(同大学教授)、クラリネットをHarry Skoler氏(同大学教授)オーボエをボストンバレエ首席オーボエ奏者 Barbara LaFitte氏(同大学教授)に師事し鍛錬を重ねると、各木管楽器の演奏技術を認められミュージカルでの演奏に招聘される。

 

また同大学において自身の研究テーマとして1940年代のジャズ「Bebop」のフレーズ解析やCharlie ParkerとSonny Stittの演奏技術の比較研究等、Bebopにおける演奏研究を掲げ、その研究を深める傍ら、日米ではキャロライン・ケネディー元アメリカ駐日大使が出席されたイベントでのゲスト演奏やボストンレッドソックスオーナーJohn Henry氏の私邸へ招かれてのゲスト演奏や、日米関連レセプションやパーティー演奏など、数多くのイベントでの招待演奏に尽力する。その成果より在学中より同大学より全学費免除学生(Full Schalrship Student)に選抜される。

2016年12月に同大学ををMagna Cum Laude(大変優秀な成績)で卒業し音楽学士を取得。

 

2017年2月、世界最難関のアメリカ国内最古の音楽大学(アメリカ音楽大学唯一の国定歴史建造物指定大学)ニューイングランド音楽院大学院修士課程最終入学オーディションに合格。例年サックス専攻は世界から数百名を超える志願者より例年2-3名しか合格しない大変競争率が高い中、3名の中の1人に選抜され同大学より学部長奨学金(Dean's Scholarship)を獲得し同年9月より入学。

現在 Jazz Studies学部 Jazz Performance科 サックス専攻に在学中。

サックスをジャズの巨匠 Jerry Bergonzi氏(同大学教授)、アートブレイキー& ジャズメッセンジャーズでも活躍したBill Pierce氏、クラシックの巨匠 Kenneth Radnofsky氏(同大学教授)に師事。クラリネットを世界で最も著名なクラリネット奏者 Richard Stoltzman氏(同大学教授)、 オーボエをボストンバレエ 首席オーボエ奏者 Barbara LaFitte氏に師事。

 

現在は、著名な師達に学んだサックス、フルート、クラリネット、オーボエをはじめファゴットを除く全ての木管楽器を演奏するマルチ木管奏者として日米をまたにかけ精力的に活動をすると共に、行政・TV局・ラジオ・新聞社が後援となって開催している自身のコンサート『BEBOP EXPRESS』『BOP CASTLE』を毎年開催し、昨年は開催1年目において総動員400名を動員するなど毎回前売完売で公演をしており年々規模を大きくし開催をしている。

 

また演奏のみに留まらず、2017年1月にサックス専門音楽事務所「Music Office Bop Wind」を起業。

『Bop Windブランド』を確立しサックスリガチャー等のオリジナル製品開発や、これまで世界の最高峰で学んできた高度なジャズ理論・テクニックを基に独自カリキュラムを作成しレッスンを提供する等、サックスにおける4つの事業も展開している。

 

アメリカで鍛え抜かれた故に生まれたアイディアを基に、これまでにない新発想のマウスピースとリード間で発生する振動源を直接楽器に振動伝達するリガチャー『ワイヤーリガチャー』、振動伝達に更に材質特性の混合を用いた世界一つの自分オリジナルリガチャーが作れる『レゾブリガチャー』を考案しサックスのリガチャーにおける特許2件を取得。(現在新たに1件申請中。)

これまで音量や音質に悩んでいた奏者のために、音量の増大や音質改善、操作性に寄与するリガチャーを開発。また、どこにでも収納可能な変幻自在マウスピースキャップ『パペットキャップ』をプロデュースし、現在更なるオリジナル製品の開発にも力を注いでいる。


〜所属〜

・Music Office Bop Wind  (2017.1〜)

・米日カウンシル 会員 (2017.1〜)

・日本音楽家ユニオン 会員  (2017.3〜)

・日本サクソフォーン協会 A会員(プロフェッショナル) (2017.8〜)

・バークリー音楽大学Alumni Ambasaador (2017.10〜)


〜演奏・講演実績〜

2014年 10月 日米友好関係祝賀パーティーでの招待演奏を行う。 (主催:米日カウンシル主催 マサチューセッツ州ボストンにて)

2015年   3月 東北大震災復興式典、「Update from Tohoku」にて招待演奏を行う。 (主催:ボストン総領事館・米日カウンシル マサチューセッツ州ボストンにて)

2015年   4月 クラシカル高校桜祭りにて招待演奏を行う。(主催:クラシカル高校 ロードアイランド州プロビデンスにて)

2015年 10月 盲目のピアニスト辻井伸行氏も演奏された「Sound of  Vision」にて演奏を行う。(主催:バークリー音楽大学 マサチューセッツ州ボストンにて)

2015年 11月 安倍内閣総理大臣、元米国駐日大使キャロライン・ケネディー氏が参加された「Annual  Conference」にてアメリカより東京へ招待され演奏を行う。(主催:米日カウンシル 東京にて)

2015年 12月  フランス友好記念パーティーにて招待演奏を行う。 (主催:フランス大使館 マサチューセッツ州ボストンにて)

2016年   3月  東日本大震災復興式典にて前年度に引き続き招待演奏を行う。(主催:ボストン総領事館・米日カウンシル主催 マサチューセッツ州ボストンにて)

2016年   6月 現代日本絵画における60周年記念イベントにて招待演奏を行う。 (主催:カレッジ・ウィメンズ・アソシエーション・オブ・ジャパン マサチューセッツ州ケープコッドにて)

2016年   8月 ボストン・レッドソックスオーナー、ジョン・ヘンリー氏の私邸に招待され演奏を行う。(主催: バークリー音楽大学 マサチューセッツ州ボストンにて)

2017年   3月 安倍昭恵総理大臣夫人、 ジェイソン・P・ハイランド在日米国大使館臨時代理大使、内堀雅雄福島県知事が参加されたTOMODACHIレセプションにて招待演奏を行う。 (主催:米日カウンシル 東京にて)

2017年   8月 単独初公演 BEBOP EXPRESS〜サックスプレイヤー熊谷駿 凱旋ジャズコンサート〜を開催。公演2ヶ月前に前売完売し大盛況で終了する。(主催:Music Office Bop Wind  宮城県仙台市にて)

2017年12月  2度目となる単独公演 BOP CASTLE〜サックスプレイヤー熊谷駿 feat.垣本拓海 クリスマスジャズLIVE〜を開催。仙台公演午後の部が前売完売での公演となり大盛況で終了する。 (主催:Music Office Bop Wind 仙台・山形にて)

2017年12月 ジャズ・ポピュラー音楽の名門『バークリー音楽大学』の留学説明会を仙台市に初招致する。(後援:バークリー音楽大学・甲陽音楽学院)

ミュージカルにおける演奏実績

2015年12月 100 Years of Musical Theater (Reed1:Piccolo, Flute, , Clarinet,Alto Sax)

2016年  4月     City of Angels (Reed1:Piccolo, Flute, Clarinet, Alto sax)

2016年  7月 Thoroughly Modern Millie (Reed3:Oboe, Soprano sax, , Clarinet, Tenor sax)

2016年11月    In The Heights (Reed1:Piccolo, Flute, Soprano sax, Alto sax, Tenor sax) 


〜メディア出演歴〜

☆テレビ出演

2017年  6月   KHB東日本放送 スーパーJチャンネルみやぎ TV内 〜特集 異色の経歴! 若きサックス奏者の挑戦〜

☆新聞掲載

2017年  7月  河北新報社 夕刊  〜アートと私 特集 感情伝える 熱い音を〜

2017年  9月 河北新報社 朝刊  〜特集 豊かな音量生む器具開発 特許も取得〜

2017年12月 河北新報社 夕刊  〜アートの杜:BOP CASTLE〜クリスマスジャズLIVE〜

2018年  5月 河北新報社 朝刊  〜サックス奏者熊谷駿さん 7月、仙台で演奏会〜

☆雑誌掲載

2018年  3月  週刊オーレ3月号 〜自身のジャズコンサート「BEBOP EXPRESS vol.2」イベント記事 〜

2018年  4月  河北新報読者会報ひまわり 〜自身のジャズコンサート「BEBOP EXPRESS vol.2」イベント記事 〜

2018年  4月 週刊オーレ4月号 〜「BEBOP EXPRESS vol.2」読者プレゼント 記事(応募者数:約400通) 〜

2018年  5月 河北ウィークリー6月号 〜「BEBOP EXPRESS vol.2」イベント記事 〜

2018年  5月  河北新報読者会報ひまわり 〜「BEBOP EXPRESS vol.2」読者プレゼント 記事 〜

2018年  5月  仙台大人の情報誌りらく6月号 〜「BEBOP EXPRESS vol.2イベント記事〜

 

2017年  5月 シルバーネット6月号 〜「BEBOP EXPRESS vol.2イベント記事〜

☆ネット掲載

2014年  9月    TOMODACHIイニシアチブ HP内 〜TOMODACHI世代:熊谷 駿 氏〜

2015年  5月 サントリーホールディングス株式会社 HP内 〜TOMODACHIサントリー音楽奨学金受給生レポート〜

2015年11月 滋慶学園COMグループ 甲陽音楽学院 HP内 〜海外留学への道:バークリーで学ぶ卒業生たち〜

2015年12月 サントリーホールディングス株式会社 HP内 〜アニュアル・カンファレンスで演奏を披露〜

2016年  3月 サントリーホールディングス株式会社 HP内 〜米国での復興祈念イベントで公演〜

2016年  9月 サントリーホールディングス株式会社 HP内 〜ボストンレッドソックスのオーナー宅で演奏を披露〜

2017年  5月   仙台情報発信サイトSENTOKO HP内 〜仙台のホットな夏は上質なジャズで素敵な時間を・BEBOP EXPRESS!〜

2017年  6月   Cheer Up!みやぎ HP内 〜特集 私の吹部時代〜

2017年  7月 Cheer Up!みやぎ HP内〜特集 ビバップと共に生きる。〜

2017年  8月 サントリーホールディングス株式会社 HP内 〜地元仙台にて凱旋ジャズコンサート開催〜

2017年  9月 サントリーホールディングス株式会社HP内「TOMODACHIサントリー音楽奨学金」第1期奨学生・熊谷駿さんが故郷・仙台にて凱旋コンサートを開催♪〜 (サントリー公式Facebookページ内でも掲載中。)

2018年  4月   仙台情報発信サイトSENTOKO HP内 〜昨年大盛況で終演したあのジャズコンサートが再び仙台の地に!〜


〜賞歴〜

2013年   4月    Koyo Conservatory of Music 特別奨学生に選抜され特別奨学金 獲得

2013年 10月 第2回新潟ジャズコンテスト 準グランプリ 獲得 

2013年 10月 第5回神戸ネクストジャズコンペティション 決勝グランプリ進出  

2014年   2月    バークリー音楽大学より World Scholarship 獲得 

2014年   2月    サントリーホールディングス株式会社、TOMODACHIイニシアチブより サントリー奨学金 獲得

2016年   9月     バークリー音楽大学より フルスカラーシップ(全学費免除学生)獲得 

2017年   2月  ニューイングランド音楽院より Dean's Scholarshipを獲得

2017年 10月  みやぎ発明くふう展において取得特許2件において佳作 受賞(一般部門は熊谷氏のみ受賞)

2018年   2月  7 Virtual Jazz Club Competition Live Round 進出


〜学歴〜

2012年   4月  Koyo Conservatory Of Music  Contemporary Music Course   サックス専攻    入学 

2014年   3月  Koyo Conservatory Of Music  Contemporary Music Course サックス専攻 卒業 

2014年   9月    バークリー音楽大学(アメリカマサチューセッツ州)   Performance 科  サックス専攻    3年次に編入 

2016年 12月    バークリー音楽大学 Degreeコース Performance 科  サックス専攻   卒業(Bachelor of Music:音楽学士) 

2017年  9 月    ニューイングランド音楽院大学院修士課程(アメリカマサチューセッツ州)  Jazz Studies 科 サックス専攻 入学

       (2019年5月修了見込み)