プロフィール


熊谷 駿

SHUN KUMAGAI

SAXOPHONE PLAYER, COMPOSER

世界の名門音楽大学である【バークリー音楽大学】【ニューイングランド音楽院】を経て、大手スポンサーがついての自身のコンサートにて総動員2,200名以上、開催してきた全公演前売完売の偉業を持つ注目のサックスプレイヤー熊谷駿。

 

平成3年生まれ。宮城県仙台市出身(仙台市在住)

最終学歴:Master of Music (アメリカ・ニューイングランド音楽院 Jazz Studies科サックス専攻)


2つの給付型奨学金を獲得しジャズの名門「アメリカ・バークリー音楽大学」に入学。

 

在学中に全学費免除学生(フルスカラーシップ)に選抜されPerformance科目群成績評価GPA3.99 (最大4.00)という大変優秀な成績で2016年に卒業。音楽学士を取得。

2017年には、数百名の志願者より全学年で例年3名程の合格者しか出さない「アメリカ・ニューイングランド音楽院」に、3名の内1名に選抜され給付型奨学金を獲得し修士課程に進学。

渡米中よりキャロライン・ケネディー元アメリカ駐日大使出席イベントや、ボストンレッドソックスオーナー ジョン・ヘンリー氏の私邸に招かれての演奏など、日米関連の式典やレセプションでの演奏を行う傍ら、世界的ベーシスト Dave Holland氏との共演を始めアメリカにて精力的に活動を行う。
 
2019年にニューイングランド音楽院修士課程修了し音楽修士を取得。同年に日本国内に拠点を移す。


現在、企業イベントや式典でのゲスト演奏始め、三井不動産/サントリーがスポンサーである自身のコンサート『BEBOP EXPRESS』『BOP CASTLE』を年2回6公演開催。

全公演前売完売という偉業を果たしている。(総動員2,200名以上)


またこれまでに自身のCDを6枚リリース。
内2019年7月にオリジナルアルバム「New Stage New Journey」より、来場者70万人を動員する国内最大規模のジャズフェス 「定禅寺ストリートジャズフェスティバル」にて2年連続でCMソングとして起用されるなど、オリジナル曲も好評を得ている。

メディア実績としてテレビ・新聞・雑誌での特集をはじめ、ラジオでのゲスト出演やサントリーHP内プレスリリースにおいて多数掲載。

 

地元仙台市では、自身の冠番組「サックスプレイヤー熊谷駿 ALL of JAZZ」、「Blowing Blowing Saxophone!」を持っており、ラジオパーソナリティーとしても活躍している。

演奏以外にも自身の音楽事務所「Music Office Bop Wind」を2017年に開業。

サックスに関連する、【演奏企画・音楽教育・楽曲制作・製品開発・ヴィンテージサックスレンタル】と5つの事業を展開している。

その中で木管楽器専門音楽教室「Bop Wind Music School」を東北初で宮城県仙台市に開校。

実践を特化したレッスンで約40名ほど指導している。

サックス製品のプロデュースでは、リガチャーに関する特許3件取得。

「Bop Wind Products」 としてこれまでにないオリジナル製品を全国に展開をしている。


これまでに、ジャズ教本で有名な「インサイド・インプロビゼーション・シリーズ」の著者である”Jerry Bergonzi”氏、アート・ブレイキー&ジャズメッセンジャーズのメンバーの一員であった”Bill Pierce”氏にジャズサックスを師事。

クラシックサックスをアメリカ5大オーケストラである「ボストン交響楽団」の団員を多数輩出する、ニューイングランド音楽院の教授 “Kenneth Radnofsky”氏に師事。


他にもフルート・クラリネット・オーボエを始め木管楽器全般を演奏するマルチプレイヤーとして多数の偉大なプレイヤーに師事。

 

2021年には、1,200人規模のコンサートを控えるなど、名実ともに信頼と期待溢れるサックスプレイヤーである。


〜学歴〜

2019年  5 月    ニューイングランド音楽院大学院修士課程  Jazz Performance科 サックス専攻  修了(Master of Music:音楽修士)

 

2017年  9 月    ニューイングランド音楽院大学院修士課程 Jazz Performance科 サックス専攻 入学

 

2016年 12月    バークリー音楽大学 Degreeコース Performance 科  サックス専攻  卒業(Bachelor of Music:音楽学士)

 

2014年   9月    バークリー音楽大学  Performance 科  サックス専攻    入学       


〜賞歴〜

2018-2020年  12月  7 Virtual Jazz Club Competition  セミファイナル 進出

 

2018年   9月  ニューイングランド音楽院より ディーンズ・スカラーシップ(給付型)を獲得

 

2017年   9月  ニューイングランド音楽院より ディーンズ・スカラーシップ(給付型)を獲得

 

2016年   9月     バークリー音楽大学より フルスカラーシップ(全学費免除)獲得 

 

2014年   9月    サントリーホールディングス株式会社、TOMODACHIイニシアチブより サントリー音楽奨学金(給付型) 獲得

 

2014年   9月    バークリー音楽大学より ワールド・スカラーシップ(給付型) 獲得 


〜演奏実績〜

2020年11月  無観客生配信コンサート サックスプレイヤー熊谷駿オンラインジャズコンサート【J-BOP ONLINE EXPRESSION】をコンサートホールより開催。大盛況にて終演する。

 

2020年9月 安倍元内閣総理大臣、小池東京都知事、河野元防衛大臣をはじめ、日本の中枢のリーダー達が出席する、米日カウンシル主催オンラインイベント「バイラテラル・ボードルーム」にて演奏提供を行う。(東京)

 

2020年1月   6度目の単独公演 三井不動産・サントリー協賛 河北新報&エフエム仙台 presents 熊谷駿ニューイヤージャズコンサート BOP CASTLE vol.3 を開催。バルコニー席まで前売完売となる超満員の前売完売にてて大盛況で終演する。

(宮城県仙台市にて)

 

2019年11月  お台場サントリービルにてサントリー社では初となる、「え!サントリーがジャズバーに!?」という社内をジャズバーにする企画において熊谷駿PREMIUMジャズコンサートを開催。

(東京 お台場にて)

 

2019年9月  第29回定禅寺ストリートジャズフェスティバルにてスポンサーステージ「三井不動産グループタイアップステージ」でのスペシャルゲストとしての出演、NHKラジオへのゲスト出演、そしてフィナーレのスペシャルゲストとして出演し、河北新報朝刊でも取り上げられる。 

(宮城県仙台市にて)

 

2019年9月  藤崎200周年創業記念祝賀会にてタップダンサー熊谷和徳氏がスペシャルゲストにて出演する中、同じくスペシャルゲストとして招待され、藤崎のメインテーマ「好きさ、この街が」を独奏。

(宮城県仙台市にて)

 

2019年8月  5度目となる600人規模 単独公演 三井不動産協賛 河北新報&エフエム仙台 presents 〜サックスプレイヤー熊谷駿 Summer presents〜 BEBOP EXPRESS vol.3 を開催。前売完売にて大盛況で終演する。

 (宮城県仙台市にて)

 

2019年1月  4度目となる単独公演 BOP CASTLE vol.2 〜サックスプレイヤー熊谷駿 New Year presents American Jazz Prog〜を開催。前売完売にて大盛況で終演する。 

(宮城県仙台市にて)

 

2018年12月  仙台三井アウトレットパーク10周年記念イベント Sendai Port Suropriseにてスペシャルゲストにて出演。 

(宮城県仙台市にて)

 

2018年9月  仙台定禅寺ストリートフェスティバルにて「三井不動産グループタイアップステージ」でのスペシャルゲスト、プロゲスト枠である「Saturday Night Jam」に出演し大盛況を得る。またジャズフェスCMにて自身の曲が起用される。

(宮城県仙台市にて)

 

2018年7月  3度目となる単独公演 BEBOP EXPRESS vol.2 〜サックスプレイヤー熊谷駿と熱き音楽家達のジャズカンバセーション〜を開催。早々に前売完売となり大盛況で終了する。 

(宮城県仙台市にて)

 

2017年12月 ジャズ・ポピュラー音楽の名門『バークリー音楽大学』の留学説明会を仙台市に初招致する。

(後援:バークリー音楽大学・甲陽音楽学院)

 

2017年12月  2度目となる単独公演 BOP CASTLE〜サックスプレイヤー熊谷駿 feat.垣本拓海 クリスマスジャズLIVE〜を開催。仙台公演午後の部が前売完売での公演となり大盛況で終了する。 

(宮城・山形にて)

 

2017年   8月 単独初公演 BEBOP EXPRESS〜サックスプレイヤー熊谷駿 凱旋ジャズコンサート〜を開催。公演2ヶ月前に前売完売し大盛況で終了する。

(宮城県仙台市にて)

 

2017年   3月 安倍昭恵総理大臣夫人、 ジェイソン・P・ハイランド在日米国大使館臨時代理大使、内堀雅雄福島県知事が参加されたTOMODACHIレセプションにて招待演奏を行う。

(東京にて)

 

2016年   8月 ボストン・レッドソックスオーナー、ジョン・ヘンリー氏の私邸に招待され演奏を行う。

(マサチューセッツ州ボストンにて)

 

2016年   6月 現代日本絵画における60周年記念イベントにて招待演奏を行う。

(マサチューセッツ州ケープコッドにて)

 

2016年   3月  東日本大震災復興式典にて前年度に引き続き招待演奏を行う。

(マサチューセッツ州ボストンにて)

 

2015年 12月  フランス友好記念パーティーにて招待演奏を行う。

(マサチューセッツ州ボストンにて)

 

2015年 11月 安倍内閣総理大臣、元米国駐日大使キャロライン・ケネディー氏が参加された「Annual  Conference」にてアメリカより東京へ招待され演奏を行う。

(東京にて)

 

2015年 10月 盲目のピアニスト辻井伸行氏も演奏された「Sound of  Vision」にて演奏を行う。

(マサチューセッツ州ボストンにて)

 

2015年   4月 クラシカル高校桜祭りにて招待演奏を行う。

(ロードアイランド州プロビデンスにて)

 

2015年   3月 東北大震災復興式典、「Update from Tohoku」にて招待演奏を行う。 

(マサチューセッツ州ボストンにて)

 

2014年 10月 日米友好関係祝賀パーティーでの招待演奏を行う。 

(マサチューセッツ州ボストンにて)


ミュージカルにおける演奏実績

2016年11月    In The Heights (Reed1:Piccolo, Flute, Soprano sax, Alto sax, Tenor sax) 

 

2016年  7月 Thoroughly Modern Millie (Reed3:Oboe, Soprano sax, , Clarinet, Tenor sax)

 

2016年  4月     City of Angels (Reed1:Piccolo, Flute, Clarinet, Alto sax)

 

2015年12月 100 Years of Musical Theater (Reed1:Piccolo, Flute, , Clarinet,Alto Sax)


〜これまで師事してきた先生達〜

●サックス

・Jerry Bergonzi(ニューイングランド音楽院教授)

・Bill Pierce (Art Blakey & Jazz Messengers)

・Kenneth Radnofsky(ニューイングランド音楽院教授) 

・Jim Ogdgren(バークリー音楽大学教授)・Jeff Harrington(バークリー音楽大学教授)・Shannon LeClaire(バークリー音楽大学准教授)・Dino Govoni(バークリー音楽大学准教授)・Jackie Beard(バークリー音楽大学教授)・Randall Conners ・古谷光広・一戸祐三郎・佐藤修

 

●フルート

・Wendy Rolfe(バークリー音楽大学教授)・Sarpay Özçağata(バークリー音楽大学准教授)・芦澤 曉男 (仙台フィル副首席奏者)

 

●クラリネット

・Richard Stoltzman(ニューイングランド音楽院教授)・Harry Skoler(バークリー音楽大学教授)・Dawid Jerzynski (仙台フィル首席奏者)

 

●オーボエ

・Barbara LaFitte (Boston Pops, Boston Ballet 首席奏者)・西沢澄博(仙台フィル首席奏者)


〜所属〜

・Music Office Bop Wind 代表  (2017.1〜)

 

・米日カウンシル 会員 (2017.1〜2019.3)

 

・日本音楽家ユニオン 会員  (2017.3〜)

 

・日本サクソフォーン協会 A会員(プロフェッショナル) (2017.8〜)

 

・バークリー音楽大学Alumni Ambasaador (2017.10〜)