熊谷駿プロデュース製品


↓↓熊谷駿氏によるオリジナルプロデュース製品です!!↓↓

『ワイヤーリガチャー』

特許第6183937号

マウスピースとリードを固定する器具」

という概念を覆した新製品 

「リガチャーはリードとマウスピースを固定する器具」という概念を進化させた、新製品「Wired Ligature」は、「リードとマウスピースに生じた振動をダイレクトにネックへ伝達させる。」という新発想リガチャーです。

 

音楽のジャンルが幅広くなった今日において、サックスに求められる音質の幅へのニーズも広がった。「振動源に生じた共鳴をダイレクトにネックへ伝達出来れば、音量の増大や太さに変化が出る」という革新的発想が生まれました。

 


『レゾブリガチャー』

特許第6126296

振動伝達』を発展させた進化系リガチャー

レソブリガチャーは、振動伝達の原点であるレゾナンスブリッヂ(特許第6126296)を発展させたリガチャーであり、ネックコルクによる振動減衰をさせずに振動源を楽器本体に伝達すことが出来るリガチャーであります。

 

現在販売しているワイヤーリガチャーは、「振動伝達」を最大のコンセプトにしており、いかにシンプルかつ、振動源を効率的に楽器本体に伝達させることが出来るかという点に着目し、開発されたリガチャーでした。

 しかし、レゾブリガチャーは、効率の良い振動伝達に加え、各部分のパーツを変化させることで音色を変幻自在に変化させ、自分好みのサウンドが作れるのが特徴であります。


『パペットキャップ』

どこにでも収納可能な新発想の構造

発案者の熊谷駿は、マルチWoodwindプレイヤーとして活動をする中、以前より楽器を沢山持ち運びをする際にどうしてもマウスピースキャップがかさばると感じておりました。

 

そして収納部分において大きく場所を取られてしまい、他の入れたい物が入れられないということがあり、演奏中もキャップの置き場所に困ることが良くありました。

 

そこでキャップ自身を変形可能にすることでちょっとした隙間やズボンのポケットにも簡単に収納が出来れるようにし、どこにでも収納出来るよう『変形型キャップ』を製作しました。

 

パペットキャップを使用することでこれまでにキャップに大きく場所取られていた場所に必要品を多く収納することが出来、運ぶ荷物の量も少なくすることが出来ます。


NEW!!『進化系リガチャー

トランセンドシリーズ』

特許出願中

一手間がもたらすより良いサウンド 

 

トランセンドシリーズの最大の特徴である、「リード下に付いている可動式の4点のネジを自ら回ししっかりと、マウスピースとリードを更に密着させる。」という一手間が必要なリガチャー。

 

また上部に付いた最小の接点でリードだけでなく、マウスピースとリガチャーをも接地させることでより振動を阻害する箇所を最小に少なくし、遠鳴りする芯のあるサウンドへと変化させる事が可能です。また演奏の際の安定性も増すためこの一手間で大きな効果を得る事が出来ます!

 

第一形態:ATORA(アトラ)→第二形態:ReZo(レゾ)→第三形態:ATORATA(アトラータ)→第四形態:RESOB2nd(レゾブセカンド)